OpenHeart-Art

ペットの声を聴くアニマルメッセンジャー&曼荼羅アート

曼荼羅アート=自分自身

blog

More

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

そもそも曼荼羅とは、

密教の教えを図案化したもので、深くで神秘的なため文字化しづらかったものを絵で表したものだそうです。

 

(↑曼荼羅アート講座テキストから)

 

元々は仏様の世界観を描いたものでしたが、今ではセラピーやアートとしてより身近なものになっっているように思います。

 

 

わたしが曼荼羅アートに出会ったのは、7年くらい前です。

 

たまたま目にしたブログから、

ヒーリングセミナー見つけて(しかも当日の朝)、

当時のわたしにしたら結構お高めなセミナー代にもかかわらず、なぜかお財布にその分のお金が入っていて、

主催者さんとまったく面識がなく、普段は人見知りで優柔不断なのに即決で申込み、

ナビのない車で迷いながら会場に行ったところ、

そこに曼荼羅アートを教えているパステルの先生がいらっしゃった(笑)

 

絵の描けないわたしが、アートに出会った瞬間です(笑)

 

この出会いは必然だったのだと、のちのち腑に落ちるのですが、

パステルアートをし始めて「絵が描けない」という(自分で作った)枠からブレイクスルーすることになりました。

 

今もパステルで描いたり教えたりしていますが、

3年ほど前、黒い紙にボールペンで描く曼荼羅アートを学んでからは もっぱらペンで曼荼羅アートを描いています。

 

パステルでもペンでも、曼荼羅アートを描くときに意識しているのはその絵が「光っている」こと。

全体、または一点を輝かせることを意識しています。

 

なぜなら、「曼荼羅(アート)は自分自身」だから。

これはペンで描く曼荼羅アートを学んだ時の先生の言葉で、今でもとても大切な教えになっています。

 

・自分自身を(たとえ紙面上でも)光らせたい!

・自分自身だから丁寧に描こう。

・自分自身だから、美しく。

・自分自身だから どんなもの(多少のゆがみ)でも受け入れよう。

 

↑こんなふうに思いながら曼荼羅アートを描く時間は、自分との対話の時間です。

ときには見たくない自分が現れることもありますし、1時間以上机に向かっていてもなにも描けない時もあります。

 

ここで大切なのは「今ここに自分がいる(在る)」ということ。

隠しておきたいものが現われたとしても、

なにも描けなくても、

「今ここにいる」から起きていることですよね。

 

見たくないものを抱えた自分が、

なにか描こうと もがいている自分が、「ここ」にいます。

 

曼荼羅アートを描いているときは、過去でも未来でもない「今の自分」の深い意識と繋がっているように感じます。

 

深い意識の奥には、自分が求める「美」や「理想」「世界観」があります。

魂が求める世界。

日常では諦めたり見ないふりしてたりする想い(願い)。

 

生きることが「自己探求」であるとするなら、

曼荼羅アートを描くことはまさにうってつけの行為なのかもしれません。

 

 

50枚、100枚・・・と描くにつれて、わたしは願いが叶うスピードがアップしたと感じています。

今までなら数年先に叶うようなことが、数ヶ月で叶っているというような。

 

あるいは、曼荼羅アートに出会った人や描いている人の中には隠していた本来の自分を表に出すようになった方もいます。

もう隠し通せなくなるのではないかと思っています。

 

曼荼羅が誕生した当初は、修行の一環だったといいます。

アートとして描かれるようになり、瞑想やセラピー、自己探求のツールとしてわたしは描いています。

 

お問い合わせ

 

 

2/4~17日まで 展示会を開催します。

昨年に引き続き、二度目となる「田園茶屋いとわ」さんでの展示会です。

曼荼羅(mandala)には、「本質を得る」という意味があります。
曼荼羅アートは自分と向き合い、本来の自分を思い出すツール。
2020年の立春に、光輝く曼荼羅を観て新たなスタートをきりましょう。

今回は、昨年11月にアブダビに出品した作品の凱旋展示もいたします。

期間中は曼荼羅アート体験(ワークショップ)ができますので、この機会にぜひ♪

曼荼羅アート原画展「Time to Go」

日時:2020年2月4日~17日
(10時~16時。木曜店休日、最終日は15時まで)

場所:田園茶屋いとわ(福岡県糸島市志摩吉田1640−2)

原則、毎日在廊します(12時ごろ~)。

曼荼羅アート体験をご希望の方は、前日までにご予約ください。
10時~
13時~
※2/5はフラワーオブライフ講座のため、体験は不可。

曼荼羅アート体験とは:
まずはお試しで描いてみたい方向けのワークショップ。
見本を見ながら、好きな色のペンで描くことができます。
ひとつずつ順番に描いていくので初めてさんでも自分で描くことができます。
はがきサイズを1枚制作。フレーム付きで2500円。
所要時間、60~90分程度(個人差があります)。

曼荼羅アート体験♪

 

ワイヤーアートワークショップなど、その他講座も開催できます。
(ご予約優先)

ワイヤーアート講座

 

アニマルコミュニケーション

 

 

お問い合わせ

 

 

大迫弘美プロフィール:

福岡県糸島市在住。
11年のOL時代を経て、セラピストへ転身。
福岡市天神にあるヒーリングサロンでセラピストとしての経験を積み、アニマルコミュニケーションを軸に活動するために2014年に独立。

現在は、曼荼羅アーティストとしての活動のほか、ペットの気持ちを通訳するアニマルメッセンジャー、曼荼羅アート・ワイヤーアート・パステルアートの展示販売やレッスン、アニマルコミュニケーターの育成講座、レイキヒーリング・講座を開催しています。

自身の体験とアートやメッセージを通して自分を表現していくことの楽しさを伝えています。

【経歴】
9th Discover the one Japanese Art 2019 in AbuDhabi 出品
第2回全日本芸術公募展 佳作
第52回クロアチア美術賞展 入選

hp:
https://openheart-art.com/
https://florissant-mandala.com/
Instagram:
https://www.instagram.com/openheart_art/
https://www.instagram.com/sako_hiromi/

 

 

【blog】

 

【参考記事】

 

アニマルコミュニケーションお申込み専用フォーム
お申込み

 

曼荼羅アート体験会・講座および制作のオーダー専用フォーム
お申込み・お問い合わせ

 

今後のイベント出店と講座の予定(随時更新)

アニマルコミュニケーション

アニマルコミュニケーション体験会

曼荼羅アート講座

 

 

お問い合わせ

 

OpenHeart-Art アニマルメッセンジャー大迫弘美
info@openheart-art.com

 

(最終更新:2020-07-30)

Most Viewed Posts